プロ野球データ紹介

プロ野球に関するデータをたまに紹介していくページです。

FA移籍投手の勝利数記録

2020.11.05 更新 (西投手,美馬投手)

 

9月20日の試合で自己最多を更新する15勝目を飾った巨人・山口俊投手。

そこで注目されたのが、「FA移籍した投手の勝利記録」であった。

本項では、NPBでのFA移籍した投手の移籍先での勝ち星を整理する。

 

主なFA移籍投手の勝利数

(移籍初年度・投手名 移籍後球団←移籍前球団)

青字はFA移籍先で2桁勝利した年がある投手

 

*1995年・工藤公康 福岡ダイエー←西武

    1年目:1995年・12勝

    2年目:1996年・  8勝※👑最多奪三振

    3年目:1997年・11勝

    5年目:1999年・11勝

 →1999年👑最優秀防御率

                👑最多奪三振

                👑リーグMVP

 

*1999年・武田一浩 中日←福岡ダイエー

    1年目:1999年・9勝

 

*2000年・工藤公康 読売←福岡ダイエー

    1年目:2000年・12勝5敗:👑最高勝率

    5年目:2004年・10勝

    6年目:2005年・11勝

 

*2008年・石井一久 西武←東京ヤクルト

    1年目:2008年・11勝

    5年目:2012年・10勝

 

*2012年・杉内俊哉 読売←福岡ソフトバンク

    1年目:2012年・12勝 ※👑最多奪三振&最高勝率

    2年目:2013年・11勝

    3年目:2014年・10勝

 

*2012年・帆足和幸 福岡ソフトバンク埼玉西武

    2年目:2013年・8勝

 

*2013年・寺原隼人 福岡ソフトバンクオリックス

    3年目:2015年・8勝

 

*2014年・涌井秀章 千葉ロッテ埼玉西武

    1年目:2014年・8勝

    2年目:2015年・15勝→👑最多勝

    3年目:2016年・10勝

 

*2014年・久保康友 横浜DeNA阪神

    1年目:2014年・12勝 (4年ぶり2桁)

 

*2014年・中田賢一 福岡ソフトバンク←中日

    1年目:2014年・11勝

 

*2014年・大竹寛 読売←広島東洋

    1年目:2014年・9勝

 

*2017年・岸孝之 東北楽天埼玉西武

    1年目:2017年・8勝

    2年目:2018年・11勝 ※👑最優秀防御率

 

*2018年・山口俊 読売←横浜DeNA

    2年目:2018年・9勝

    3年目:2019年・15勝4敗

👑最多勝&👑最高勝率&👑最多奪三振

 

*2019年・西勇輝 阪神オリックス

    1年目:2019年・10勝

    2年目:2020年・11勝 ※短縮シーズン

 

*2020年・美馬学 千葉ロッテ東北楽天

    1年目:2020年・10勝 ※短縮シーズン (3年ぶり2桁)

 

 

FA移籍初年度の勝利数トップ・・・「12勝」

工藤(福岡ダイエー/94)、(読売/00)

杉内(読売/12)

久保(横浜DeNA/14)


FA移籍先でのシーズン最多勝利数・・・「15勝」

涌井(千葉ロッテ/15)

山口(読売/19)

ともにリーグ最多勝

 

FA移籍先での「最多勝」タイトル獲得

涌井(千葉ロッテ/15)

山口(読売/19)

 

FA移籍先でのシーズン二桁勝利回数

6度・・・工藤  (福岡ダイエー3度、読売3度)

3度・・・杉内

2度・・・石井、涌井、西勇輝

 

 

福岡ソフトバンク監督の工藤公康投手の成績が突出していることがわかる。工藤投手はFA移籍先で最多の6度の2桁勝利を記録している。