プロ野球データ紹介

プロ野球に関するデータをたまに紹介していくページです。

FA移籍先での投手タイトル獲得

本日をもって2020年パリーグのレギュラーシーズン全試合が終了した。

今年楽天にトレード移籍した涌井秀章投手が自身4度目となる最多勝のタイトルを獲得することが決まり、西武→ロッテ→楽天と在籍3球団で最多勝を獲得した史上初めての選手となった。

その涌井投手は、FA移籍したロッテで2015年には15勝をあげFA移籍選手としては初めてとなる最多勝のタイトルを獲得している。

 

本項では、FA移籍先で投手タイトルを獲得した選手を扱う。

 

⚠️新しい順

FA移籍先で投手タイトル獲得

*2019 移籍3年目 山口俊(読売)←横浜

 ・・・最多勝15勝/初)

 ・・・最多奪三振188/初)

 ・・・最高勝率(.789/初)

 防御率2. 91 15勝4敗 188奪三振

 

 

*2018 移籍2年目 岸孝之楽天)←西武

 ・・・最優秀防御率2. 72/初)

 防御率2. 72 11勝4敗 159奪三振

 

 

*2015 移籍2年目 涌井秀章(ロッテ)←西武

 ・・・最多勝15勝/6年ぶり3度目)

 防御率3. 39 15勝9敗 117奪三振

 

 

*2012 移籍1年目 杉内俊哉(読売)←ソフトバンク

 ・・・最多奪三振172/3年ぶり3度目)

 ・・・最高勝率(.750/2年ぶり3度目)

 防御率2. 04 12勝4敗 172奪三振

 

 

*2000 移籍1年目 工藤公康(読売)←ダイエー

 ・・・最高勝率(.706/7年ぶり4度目)

 防御率3. 11 12勝5敗 148奪三振

 

                     ⇅2年連続タイトル⇅

 

*1999 移籍5年目 工藤公康ダイエー)←西武

 ・・・最優秀防御率2. 38/6年ぶり4度目

 ・・・最多奪三振196/3年ぶり2度目

 防御率2. 38 11勝7敗 196奪三振

 シーズンMVP

                     ⇅3年ぶりタイトル⇅

 

*1996 移籍2年目 工藤公康ダイエー)←西武

 ・・・最多奪三振178/初)

 防御率3. 51 8勝15敗 178奪三振

 

 

*1996 移籍1年目 河野博文(読売)←日本ハム

 ・・・最優秀中継ぎ(12. 45RP/初)

 防御率3. 29 6勝1敗3S

 →この年からタイトルとして表彰

     RP=リリーフポイント

 

 

先発投手タイトルではこれまで5人のFA移籍選手が計11個タイトルを獲得した。

中でも工藤投手はFA移籍先であったダイエーと読売の両チームで合計4個タイトルを獲得し、際立っている。 

また、先発タイトル獲得の5人のうち3人が読売にFA移籍後最高勝率のタイトル獲得している選手である。

 

中継ぎや抑えの部門では、「最優秀中継ぎ投手」のタイトルが表彰されるようになった1996年に読売に移籍した河野投手が、唯一のタイトルを獲得したFA移籍選手である。

 

FA移籍先でタイトルを獲得した以上6人の投手のうち、山口投手を除く5投手がパリーグの球団からFA移籍してタイトルを獲得した選手である点は興味深い。